「こうしておけばよかった。。。」数学検定1級の総括(後悔した3点)

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは!
逆転の数学、講師の中村です。

 

数学検定1級総括のコメント

 

先日、数学検定1級の2次試験もクリアできたこと、動画にて報告させて頂きました。
その中で、「数学検定1級の総括をしてほしい」というコメントがありました。

 

言われてみると確かに。
自分の中で「もっと早いうちから、こうしておけばよかったな。。。」と思うこと、ありました。

数検1級の総括の全体像

今後の自分自身のチャレンジの備忘録として。
また、これから数検1級の受験を考える人に、もしかしたらお役に立てるかもしれないので。
「特に後悔した3点」と「今ならこの教材で対策する」を、ここにまとめておきます。

 

まず「特に後悔した3点」から。

 

インターネットの活用

 

特に後悔した3点のうち1つ目。
「もっと早くインターネットを活用しておけば良かった。。。」です。

 

最初にチャレンジを決めた直後、やっぱりまず、ネットを調べました。
数学検定1級は、正直ネット上にほとんど情報がありませんでした。
ということで、ネットに頼るという発想は、早い時点でなくなりました。

 

でも1次試験に2回落ちて。
試験勉強にも行き詰って、「どうしよう。。。」となっていたところ。
僕の1次試験合格を決定づけてくれたページと出会いました。

 

それは、これまでの1次試験の過去問をまとめてくれているページでした。

 

1次試験って、いわばパターン学習です。
問題を見て、やり方をパッと思い浮かべて、スピードと精度の両方に気を付けて、解いていきます。

 

ので、基礎固めをした後は。
過去問を繰り返し繰り返し解く。
これが本当に実力をつけてくれます。

 

1次の過去問は、持っている教材のとは別に。
ネットで20回分を手に入れて、パターンを体にしみ込ませていきました。

 

僕が一次を合格できたのは、このお陰だ。
そう断言できます。

 

「インターネットには、すでに自分の目標をクリアしている人がいて、しかもサポートまでしてくれる場合がある。」
もっと早く気付いていたら、もっと短期間で合格できたのかもと、後悔しました。

 

2点目。
「もっと早くから基礎を徹底しておけばよかった。。。」です。

 

僕は数検1級合格に1分1秒でも早く合格したいと思っていました。
数検1級の前は、簿記やTOEICにチャレンジしていました。

 

簿記では過去問に力を入れたおかげで、9ヶ月で1級に合格できました。
TOEICでは公式問題集に力を入れたおかげで、3ヶ月で300くらいスコアが上がりました。

 

そんな経験もあり、僕の中では「過去問を実践的にやりこめば、早く合格できる」というイメージが出来上がっていました。

 

数検にチャレンジを決意したのは、2014年9月で、最初の試験は11月だったのですが。
僕は「2か月後の11月試験で合格する!」と妻に宣言しました。

 

そう宣言することで、「1日1時間でなく2~3時間勉強できるようになるかな。」
と自分を追い込む狙いもあったのですが。

 

「1か月で基礎を理解して、1か月で過去問をマスターする。」
そうすれば、もしかしたら合格できるんじゃないか、という気持ちも半分くらいありました。

 

今思えば、ほんとナメた話ですが。。。

 

実際に勉強を始めて、そんな考えはすぐに吹き飛ばされました。
基礎を理解するのは、参考書をほぼ読むだけ。
それだけでも参考書の量が多く、1か月かかりました。

 

いざ過去問へ移っても。
過去問を1問理解するのに1時間かかる。
最初はそんなペースでした。。。
当然、11月試験は不合格でした。

 

基礎の理解

 

そして何より。
次の4月試験に向けての勉強を、大きく間違えることになりました。

もう一度同じ、「基礎を理解”だけ”して、過去問をやり込む」勉強をしたのです。
4月でも当然、不合格でした。

 

確かに「過去問をやり込む」ことは大切。
でも、その前にもっと大事なことがありました。
基礎を理解する“だけ”では、全然ダメだったのです。

 

基礎の徹底

 

「基礎は、徹底しないとダメ。」
生徒さんにいつも言っていることなのに。
巧を焦るあまりに、自分自身の勉強ではズッポリと抜け落ちていたのです。

 

過去問をやり込む前に、「基礎を徹底する」必要があったなと、後悔しました。

 

3点目。
「基礎の徹底させ方、もっと早くに気付いておけば。。。」です。

 

過去問をやり込む前に、「基礎を徹底する」必要がある。
とは言うものの、「じゃあ“徹底する”って、具体的に何することなんやろ?」と考えました。

 

基礎を徹底するとは、具体的に何をどうすることなのか?
わかっているつもりで、全然わかってなかったのです。

 

それからの自分自身の勉強、生徒さんとの授業を通して、答えが出ました。
それは、「what, why, howを明確にすること」です。

 

何をなぜどのように

 

what: この問題を見たら“何を”すればいいのか?
why: その方法で“なぜ”OKなのか?
how: 具体的に“どのような”解答になるのか?

 

この3点を明確に「理解」する。
そして類題を使って、この3点を再現する「練習」をする。

 

基礎を徹底するとは、「what, why, howを明確に理解し、再現できるように練習する」ことだ。
自分の中で、そう意味を決めました。

 

そこから応用力もついていったと実感しています。
応用は基礎の組み合わせですから。
基礎のwhat, why, howが体にしみ込んでいれば、適切に組み合わせ応用できるようになります。

 

今、大急ぎで大学入試改革に取り組んでいる文科省ですが。
文科省は「思考力、判断力、表現力」が身につく教育を目指しているようです。

 

何をすればいいか判断する。
なぜその方法でいけるのか思考する。
どのようにやるのか表現する。

 

これも言い換えればwhat, why, howですよね。
僕たちを成長させ、力をつけてくれる3要素なのだと思います。

 

基礎を徹底するとは、「what, why, howを明確に理解し、再現できるように練習する」ことだ。
今後の自分のチャレンジでも、生徒さんの勉強でも、活かし続けていこうと思った強力な気付きでした。

 

これにもっと早く気付けていたら、もう少し早く合格できたのかなと後悔しました。

 

以上、「特に後悔した3点」でした。
次「今ならこの教材で対策する」ですが、少し長くなったので次回に分けます。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です