赤ちゃんに算数をどう教えるか/著:グレン・ドーマン

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
逆転の数学、中村です!!

 

普段、中高生に授業していて。
「あぁ、小学校の算数から、しっかり勉強してたら、もっと伸びるだろうなぁ。。。」
と思う生徒さん達が、たくさんいます。

 

でも。
算数を幼児からどころか、赤ちゃんに教えるなんて。
考えたこともありませんでした。

 

ので、この本のタイトルを初めて見た時は。
正直ウサン臭いと思いました。

 

赤ちゃんに算数をどう教えるか

 

ウサン臭いと思っても、タダで試せるのが図書館のいいところ。
いつも通りケチッて、まずは借りに行きました。
備忘録として、記録していきます。

 

【ここからメモ】

 

当然、始まりは「数の数え方」から。

 

幼児の気をひくために、ウサギの絵などがあって、
「ウサギさんが一匹、二匹…」
とやっていくのかと思ったら。

 

全然違う。

 

赤い点が書かれてあるカードを使うだけ。
これをドッツカードと呼ぶ。

 

結局、言葉と同じで、「実際の数に、数字という記号を結び付けていく」作業なので。
吸収力が凄い幼児の脳なら。
点が60個くらいあっても、瞬時に判断できるようになるらしい。

 

ただ注意点は。
飽きる前に絶対にやめること。
好奇心の芽を折らないこと。

 

そのためには、速いスピードでパッパッパッとやっていく。
1度の時間でやりすぎない。
何日も同じことを繰り返さない。
機嫌の良い時にやる。

 

ことなどが大切。

 

たし算から割り算まで、四則計算の方法も紹介されているが。
これはもはや、実際の数を意識しないお経のような暗記になっており。
正直、少し疑問。
もちろん何もやらないよりはいいんだろうけど。。。

 

教え方がかなり具体的に紹介されているのも良い。
ということで、購入。
(上の画像は購入後のものです)

 

新しい発想ばかりだったので、面白かった!

 

【メモここまで】

 

今日読んだ本はコレです。
小さいお子様をお持ちで、「幼児教育は大切だ。」と考えている方なら。
一度は目を通しておいた方がいいと思います。

LINEで送る
Pocket

赤ちゃんに算数をどう教えるか/著:グレン・ドーマン” への1件のコメント

  1. ピンバック:七田式子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ​」と「右脳あそび」/著:七田眞 - 逆転の数学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です