七田式子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ​」と「右脳あそび」/著:七田眞

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
逆転の数学、講師の中村です!!

 

うちの塾の生徒さんが、「子供の頃に通っていた」ということで興味を持っていた七田式。
その書籍があったので、いつも通りまずは図書館へGo。

 
七田式
 

写真は撮りそびれましたが、ちゃんとありました。
(画像はアマゾンより)
図書館は本当にありがたいですね。
今日も備忘録として、記録していきます。

 

【ここからメモ】

 

一言で表すと。
半分ひいて、半分すごいと思った(笑)

 

右脳教育をしようということで。
そのための方法は大変参考になった。

 

特にフラッシュカードの部分。
すごいスピードでパッパッパッと見せていく。

 

前回読んだ「赤ちゃんに算数をどう教えるか」でも紹介されていた方法。
そこでは「好奇心を維持するため」という認識だったけど。
七田式では「情報の吸収力を高めるため」という印象。

 

いずれにせよ、幼児には「じっくり見せて教え込む」のではない。
早速購入した、平仮名や数のカード。
パッパッパッと見せる方法で、遊んでみよう。

 

と、上記のような「右脳を開発する方法」が紹介されている。

 

けど右脳は万能で、「他人の病気を治せたりする。」「波動を感じて透視する。」
ような部分は、実際そうだったのかもしれないけど、信じにくく正直ひいた。

 

けど、いつものように。
幼児教育本は「良いところ、取りいれられそうなところは、取りいれる」
というスタンスなので。

 

気楽にベストを尽くそう。
とりあえず、数と平仮名のフラッシュカードは習慣にしよう。

 

(後日談)

 

実際に通ってた生徒ちゃんに聞くと。

 

「4歳~小6まで通ってた。」
「楽しかった。」
「中学からの国語に役立った。古典を暗唱するため。他の子の親の前で発表するので、意地でも覚えてから行く。」
「円周率も百ケタまで言える。」

 

波動のことも、正直に「うさんくさいと思った。」と告げると。
「でも、カードの裏の色はわかるようになりましたよ。」とのこと!

 

う~ん、これは本当に凄いのかもしれない。
興味を持つかどうか、一度体験とか連れて行ってみようかな。。。

 

【メモ終了】

 

今日読んだ本はこれです。
小さいお子様をお持ちで、「幼児教育は大切だ。」と考えている方なら。
一度は目を通しておいた方がいいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です