やる気や勉強法の話

「は?キレイごとやね。」と夢や壁を乗り越える話に嫌悪を感じた時は

2016/06/09

壁、障害image by Allie Frazier

 

こんにちは!
逆転の数学、講師の中村です!!

 

今日も授業動画は、更新しています!
さて先日、こんな記事を見つけました。

 

青色発光ダイオードの中村修二氏「壁は高いほどありがたい」の説得力

 

この記事は、本当に素晴らしい記事です。
頑張れるヤル気が出ます。
絶対に一度は読んでほしいです。

 

ただ。
僕自身、経験したことがあるのですが。

 

”夢の話”や”壁を乗り越える話”に嫌悪感を覚える。
そんな「一時的なタイミング」がありました。

 

これは、「”人”それぞれ」ではなく。
”時期”それぞれ」なんだと思います。

 

僕自身は今、この記事を読むと、心に響きます。
「素晴らしい内容で、一人でも多くの人に知ってもらいたい!」
という気持ちになります。

 

こういう時は、勉強がさらに加速していきますね!

 

でも、ふと思い出したんです。
この記事ではありませんが、別の「夢や壁の乗り越え方」の記事を読んだ時に。
「は?何キレイゴト言ってるん?そんなんでうまくいけば苦労せんし。。。」
という気持ちになった時期もあったことを。

 

それは勉強など、全てのコトが毎日うまくいっていない時です。
なぜだかわかんないけど、プレッシャーだらけで、何かに追い込まれている感じ。。。

 

どうしても、全てを後ろ向きに受け取っちゃう。

 

そんな状態な時に、こういう文章と出会うと。
上記のような、嫌悪を感じていました。

 

もちろん、このような感情は、合格など目標達成に向けてプラスにはなりません。
でもでも、感じちゃうもんは仕方がない。

 

ただ、目標達成のことなどを考えると。
いつまでもその状態に浸っているわけにもいかないので。
一刻も早く脱出したいところです。

 

そんな時、どうするか?

 

僕が乗り切る方法は、「何も改善しようとはしない」ということです。

 

ヘタに「何とかしなきゃ!」と動くと。
焦りの気持ちから、さらに深みにハマッてしまうタイプです。

 

ので、「あっ、自分は今、そういう時期なんだな。。。」と受け”止め”ます。
言葉遊びのようですが、受け”入れる”わけではありません。
自分にとって、受け”入れる”は、「その状態をOKとする」感じがするからです。

 

で、受け止めてたら。
ある時、突然「○○してみたらどうかな?」というアイデアが浮かびます。
プラスの希望の芽がポンと出る感じ。

 

そこからアイデアを実践する。
うまくいく、いかないに関わらずやってみる。
実践するうちに、実際に少しずつ上向いていきます。

 

今後もきっと、「全てをどうしても後ろ向きに考えてしまう時期」が来ると思います。
その時も、「何も改善しようとはせず、ただ受け止める」ことで乗り切る予定です。
上向きのアイデアがポンと出てきてくれるから。

 

あなたは、どう乗り切っていますか?

-やる気や勉強法の話