塾に行かずに子どもの算数嫌いが直る本/著:立田奨

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
逆転の数学、講師の中村です!!

 

ここ最近、幼児教育の本ばかり読んでいました。
が、図書館で取り寄せて頂いていた本が到着したので。
今日はコレを読みました。

 

算数嫌いが直る本

 

数学嫌いをなくす方法は。
僕としては、「わかる!できる!テストで良い点取れた!」の体験をさせてあげる。
それが手っ取り早いように感じています。

 

どんな内容かワクワクしながら、読みました。
今日も備忘録として、記録していきます。

 

【ここからメモ】

 

著者の方は、個人塾を経営。
似たような境遇。

 

タイトルにある通り、親のための本。
子どもの算数の勉強をどう支えてあげるか?を紹介。

 

本書の中で紹介されている方法も、共感できるものが多かった。
やはり「個人塾で成績を上げる方法」というのは、ある程度決まってるのだと思う。

 

特に、本書では「教科書準拠テキスト」が推されている。
教科書を理解することは本当に大切。
そのために準拠テキストは、苦手な人に確かに良い。

 

また「基本という言葉の意味、誤解していませんか?」も。
声を大にして言い回りたい。
本書での基本クリアの基準は、

 

・学校のテストで平均点80点以上
・算数の公式の導き出し方まで説明できるか?
・計算だけでなく文章題も解けているか?

 

これは、中高数学にも当てはまる。
(平均点に関しては、学校レベルによって変わるけど)
基礎を徹底することは、本当に大切。
基礎ができないと、応用レベルで結局遠回りになる。

 

あと「問題を間違えた時こそ、褒める」も強く共感。
間違えて全然OK、訂正すればいいだけ。
大切なのは、算数が嫌いなのに、解こうとチャレンジしたこと。
そこをしっかり認めてあげる。
もちろん、子供のレベルが上がってきたら、低レベルなミスを褒めると逆効果。

 

これは6年前の本だから、触れられていないのは仕方ないけど。
今の時代なら、さらに授業動画もあるから。
準拠テキストではなく、授業動画を使って、もっと勉強しやすい環境ができあがってる。

 

「算数&数学嫌いは、なくすことができる。」
改めてそう強く確信。

 

【メモここまで】

 

今日読んだ本はコレでした。
お子様が算数嫌いの場合、参考になると思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です