「使える脳の鍛え方 ~成功する学習の科学~」の感想

LINEで送る
Pocket

この記事と同内容の動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

こんにちは!
逆転の数学、講師の中村です!!

 

ここでは、自分への備忘録として。
また同テーマに興味ある方の参考にもなるかもしれないので。
読書記録もつけていくことにします。

 

今回は一発目。
「使える脳の鍛え方~成功する学習の科学~」です。
(著者:ピーター・ブラウン、ヘンリー・ローディガー、マーク・マクダニエル)

 

僕は、もう勉強法に関する本は読まないことに決めていました。
結局いつも、新しい発見はないからです。

 

最近の勉強法の本を、批判してるんじゃないんです。
これまで何百冊も読んできたので。
読書にかけた時間とお金の割に、得られるものが少ないからです。

 

また昔、勉強法の罠に引っかかったことがあったんです。
簡単に言うと、

 

・勉強法の本を読んで、なんだか賢くなった気がする
・もっとパワーアップしようと、他の勉強法の本も読もうとする
・結局、実際の勉強してないので、成績は上がらない

 

ということです。

 

効率の良い筋トレの方法を探し求めて。
でも実際に筋トレはしていない。
だから、筋肉はついていない。

 

みたいなもんです。
そんなこんなで、勉強法の本は封印してきました。

 

ただ、今回は特別でした。
この本の内容が、「復習は効率が悪い!」と紹介されていたからです。

 

復習はするな

 

僕は自分自身の資格試験勉強の経験から。
そして生徒さんの成績アップを見てきた経験から。
「復習は勉強で最も大切」とさえ思っていました。

 

それなのに、「復習はダメだ」と。
いわば挑戦状を叩きつけられたわけです。

 

ので、すぐに購入しました。
着いてすぐ読みました。

 

 

なんだ。
結論から言うと、「復習の定義」が違っただけでした。

 

この本で「スルナ」と言ってるのは。
テキストを繰り返し繰り返し、何度も読むこと」だったのです。
それを復習と表現してたんですね。

 

そして僕がいつも生徒さんにも言ってる復習の定義は。
セルフテスト=間違えた問題を、再度ノーヒントでテストをすること」でした。

 

結局は、同じことようなが書かれてありました。
「テキストは再読するな。代わりにクイズをしろ。」と。

 

クイズ。
つまり、自分自身でテストをすることですよね。

 

だから言ってることは結局同じ。
「なんだ、今回の本でも、やっぱり意味なかったのか。。。」
と思いかけましたが。

 

読み進めていくうちに、色々考えさせられました。

 

例えば、そもそも生徒さんに提案する時に。
「復習しよう」という言い方は、よくないんじゃないか。
もっと具体的に「自分自身でテストし直そう」とか。

 

また、この本の中で紹介されていた交互練習
違う解法パターンの問題を、代わる代わる解く」は。
これまでそれほど意識していませんでした。

 

連立方程式で言うならば。
加減法をマスターしてから、代入法をマスターするんじゃなくて。
加減法と代入法を知って、両方を交互に解きながらマスターしていく。
ということです。

 

他にも、生成練習
答え解き方を教わる前に、まず自力で見つけ出そうとする」ことは。
僕は応用問題だけでいいと思ってましたが、この本では「もう最初から」な感じでした。

 

どこからを基礎知識として、マネを重視させよう。
どこからを応用問題として、自分の頭でウンウン悩ませるようにしよう。
その線引きをどうしようか?
考えさせられました。

 

その他にも、「知ってるけど、じゃあちゃんと授業に取り入れているか?」と振り返ると。
もっともっと改善できそうなものが、色々見つかりました。

 

これまで、読書をしてきた中で。

 

授業に取り入れる。
良ければ継続する。
悪ければ改善する。

 

この繰り返しで、生徒さんの成績が伸びていきました。
また色々改善できそうでウキウキしてきました。

 

あとオマケ的なメリットですが。
この本で紹介されている方法は、「個人の感想」ではなく。
科学的に証明された方法」です。

 

ので、生徒さんに紹介しやすい。
「個人の感想」では、どうしても説得力に欠ける。
生徒さんに「はいはい、わかった。でもそれは、その人がうまくいった方法でしょ。」と思われたら。
なかなか勉強法の改善につながらない。

 

でも、これからは。
「コレ見てや。科学的に証明された効率のいい勉強法やねん。」と。
この本を使って言える(笑)

 

 

ということで、あまり買わないようにしていた勉強法の本ですが。
今回のは買って良かったです。
他の本でも、最近の勉強法は進化してるんかな?

 

辞書のように読み直しながら、授業をデザインしていく。
あと生徒さんの勉強法の改善を提案するときに、説得力を高める(笑)
そんな使い方で、何度も使えそうです!

 

大当たりでした^^
興味あれば、ご一読してみて下さい!

*読書のしすぎは、あなたの成績を下げるおそれがあります。
中毒性に気をつけ、実際の勉強時間を損なわないようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

「使える脳の鍛え方 ~成功する学習の科学~」の感想” への1件のコメント

  1. ピンバック:みんな数学が嫌いだった /著:シンシア・アーレム,訳:秋山仁 - 逆転の数学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です