幼稚園では遅すぎる/著:井深大

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
逆転の数学、講師のやる気先生(中村)です!

 

今日はこの本を読み終えました。
(もしおススメの本があったら、教えて頂けると嬉しいです^^)

 

幼稚園では遅すぎる

 

Amazonで評価が高く気になっていた本です。
いつも通り図書館で借りてきました。

 

もはや数学は関係ありませんが。
「人を育てるとは?」の意識で色々な本を読んでると、ここまできました。
あと自分に子供が二人いるのが大きいですねー。

 

今回も備忘録として、記録しておきます。

 

【ここからメモ】

 

驚いたのは1971年に書かれた本であるということ。
最近の教育界のエビデンスブームを考えると、根拠の部分がやや弱い気もするけど。
漢方のように、「何が作用してるかはハッキリわからないけど、とにかく効く!」ような印象。

 

・3才までの環境がとにかく大切、頭に配線が作られていく、一度作られたらその修正には多大な時間がかかる

・できるだけ色々な刺激を与える

・寝る前の刺激も大切、寝かしつけの時に何をするかに注意

・赤ちゃんの時から、赤ちゃん同士の交流の場に連れて行く、後の社会性につながる

・「赤ちゃんだからわからないだろう。」という思い込みはダメ。何でも体全体や空気で感じ取り、吸収する。

・叱るなら、その理由と代案を示す。

・興味を持たせることが、とにかく大切

・望ましい行動には快を与え、望ましくない行動には不快感を与える

・繰り返しは大切

・幼児の空想に口をはさまない、創造力が伸ばされている瞬間

・音楽はやっぱりいい

・幼児期はパターン認識力が優れている、記憶や暗記は大いにけっこう、後で理解すればいい

・天才は、押し付けではなく、暗示と本で育てられる

・一番根っこにあるのは愛情あふれるコミュニケーション、全てそれがあってこそのもの

 

【メモここまで】

 

今日読んだ本は、これでした。
3才までの幼児と接する方なら、参考になると思います!

 

 

LINEで送る
Pocket

幼稚園では遅すぎる/著:井深大” への1件のコメント

  1. ピンバック:学力は家庭で伸びる/著:陰山英男 - やる気先生の「逆転の数学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です